2005年12月08日

たまにSuiCaを使って改札を通ろうとすると、ICの情報が読み取れなくて改札が通れなくなることがあると思う。
何でも電波を強くしすぎると、隣の改札機に影響が出てしまい読み取り精度が悪くなるんだそうな。
だから、改札機にタッチして!と書いてある。
変な話である。

これは、そもそも構造に欠陥があるんじゃないかな?と思う。










現状の改札は
20051208_suica1.gif
こんな感じで、電波が上向きに出てるんだけど、もうちょっと工夫できないものかという感じで
















電波出すところを改札機本体の中に作って、








20051208_suica2.gif
このような形で溝を作って、その溝の中だけ強烈な電波を飛ばせば、外に漏らさず感度上げられるんじゃないの?














20051208_suica3.gif
こんな感じで、タッチさせることによりわずかな立ち止まりもなく、溝を通過させるだけで確実にキャッチできるから、今よりも改札が混雑しなくなるはず。

んで、ケータイSuiCa非対応機がでちゃうのも、この駄作な改札機のせい。
たしか、試験内容に携帯電話を改札にタッチさせても強度的に大丈夫なのか?
ってのがあったはずで、強度的に問題があったのがD902iとかなんじゃないの?
もしくは、やっぱり電波強度の問題。

だから、この改札に変更すれば問題は解決。










電波強すぎて携帯壊れてもシラネ

Posted by Yappo at 2005年12月08日 14:05 | TrackBack | 適当
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。