2006年03月03日

普通のスレッド型掲示板のはずなのに、なぜか変な使われ方をしているいわしですが
WWW::2ch用のプラグイン書きました。
http://tech.yappo.jp/download/www-2ch/Iwashi.pm
なんで、本体に含めないかというとサービス終了しそうな気がするからです。

あとは、まぁWWW::2chのプラグイン例みたいなものを作ってみたかったって理由もあります。
WWW::2chは基本的にスレッド型の掲示板は大体対応できると思います。
WWW::2ch::DatとWWW::2ch::Resのみを利用してteacupとかでも使えます。

ざらっとプラグインの中身の解説をば
gen_confでdatのURLやsubject.txt(スレッド一覧)などのURLを作成する
parse_settingで掲示板タイトルなどを作成
parse_subjectでスレッドリストを作成
parse_datでスレッドの中身をパースして一レスずつ抽出
daturlでスレッドの中身のあるURLを作成
って感じです。

スレッド一覧とスレッドのURLをきちんと作りparse_*でうまいことデータが取れれば
どんなサイトにも応用できるわけです。


ついでに、簡潔にいわしを閲覧するためのいわしリーダーも作りました。
http://tech.yappo.jp/download/www-2ch/iwashi_reader.pl
スクリプトを起動したカレントディレクトリにiwashicachというキャッシュファイルが作られます。

普通に起動するとスレッド一覧が表示されます。
:で要素が区切られていて、一番左の数字はスレッド番号です。
New!と出ているものは、まだ読んでいないスレッドです。
一度読むと新着レスがあろうがNew!は出てきません。

スレッドを読むときは

$ ./iwashi_reader.pl 1250
のようにスレッド番号を引数にすれば読めます。

ちなみにutf8で出力されます。


WWW::2chネタはまだまだつづきます

Posted by Yappo at 2006年03月03日 23:37 | TrackBack | Perl
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。