2006年05月30日

MacBookとかは、せっかく動きを入力要素として使えるんだからPlaggerへのプラグイン書いたらすごくね?
って事で書いてみた。


go youtube

誰かがMacBookを勝手に持ち出したら携帯にメールとかできるですよ。
動かしたときにiSightで画像をとってenclosureに画像を突っ込んでメールするとか。

入力も出力も物理世界とつながった!
なんつうかPlaggerである意味が(ry

でもね、どうにかして震度を抽出できるようになったら地震情報のFeedをリアルタイムで生成とかできるですよ。
plagger_hostとか書き換えれば遠隔地にも送信できるし。なんかいろいろできそう。

動かすにはAMSTrackerが必要です。

Plagger::Plugin::Server::Push::Move

global:
plugin_path:
timezone: Asia/Tokyo

plugins:
- module: Server::Engine::PreFork

- module: CustomFeed::Debug
config:
title: 'ALERT!!!'
link: 'http://localhost/'
entry:
- title: "Don't move!!"
link: 'http://localhost/1'
body: 'NO! NO! NO! NO!'

- module: Server::Protocol::PLAGGER
config:
port: 9901

- module: Server::Push::Move
config:
plagger_host: 127.0.0.1
plagger_port: 9901
amstracker: /Users/name/bin/AMSTracker
adjust: 10

- module: Notify::Eject
- module: Publish::Speech

まえの仮想デスクトップのやつは、はてブで100Usersかようつべで10,000Views突破したら公開しようと思ってたけど、大ウケはしなかったようだ。

Posted by Yappo at 2006年05月30日 14:42 | TrackBack | Perl
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。