2008年01月30日

はてなのサービスにログインした状態をスクレイピングして利用したい時にや、そういったモジュール(WWW::HatenaDiary)を作りたい時になると気になるのが、毎回毎回https://www.hatena.ne.jp/loginをスクレイピングするのは面倒だなぁと思ったので、WWW::HatenaLoginというログイン処理に関する事しかしないモジュールを作りました。
作ったとはいっても、殆どがWWW::HatenaDiaryからのコピペです。
WWW::HatenaDiaryのログイン部分だけ抜き出してCPANモジュール化した感じですね。

codereposはhttp://coderepos.org/share/browser/lang/perl/WWW-HatenaLogin/trunkです。
CPANにもupload済みで、予定地はhttp://search.cpan.org/dist/WWW-HatenaLogin/ です。
CPANに上げてるテストには含まれてないけど、codereposの方はConfig::Pitを使ってhatenaアカウント情報を取得してテストするコードにしてみました。

やってくれる事はWWW::Mechanizeを使って、はてなにログインとログアウトを行います。
ログイン後のWWW::Mechanizeのオブジェクトがそのまま利用出来るので、簡単にログイン後のはてなをスクレイプできます。
当然cookie_jarも取れるのでLWP::UserAgentで処理を書く事も出来ます。

naoyaさん謹製のHatena::API::Authとの違いですが、naoyaさんのは「はてな認証API」をの為のモジュールで自分のはWebブラウザから使うログインフォームからPerlでログインする為のモジュールという違いです。

早速WWW::HatenaDiaryがWWW::HatenaLoginを使うようにしたブランチを切っりましたので、サンプル的なコードを見たい方は、そちらでどうぞ。

Posted by Yappo at 2008年01月30日 00:03 | TrackBack | Perl
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。