2009年12月02日

という事で始まりました。
http://perl-users.jp/articles/advent-calendar/2009/
gfxさんがまとめてくれたPerl界隈のAdvent Calendarの便利リンク集も有るので便利です!

今回はトラックが二つに別れた事の他にDBIx::SkinnyとData::Modelのトラックが出来てるのに気づくかと思います。
これは、本来予定されていたものでは無くて、今回のJPerl Advent Calendar 2009は結構便利に書ける仕組みだったので、便乗して開始したといういきさつです。
Advent Calendar書く為の準備をする必要が特にないので参入障壁が低いと言う事ですね。

何が言いたいかというと、もし何かのテーマでPerl Advent Calendarをやってみたい!って人は気軽に始めると良いですよ。という事。

$ git clone http://git.coderepos.org/share/websites/jperl-advent-calendar-2009.git/
$ cd jperl-advent-calendar-2009
$ cp -r data/data-model data/anatano-track
# data/anatano-track の中のファイルを諸々書き換える
# s/data-model/anatano-track/ みたいな事とか
# trackの名前変えたりとか
$ $EDITOR data/anatano-track/\d+.txt して、内容書く
$ git add data/anatano-track
# 必要だったら .nim とか data/index.html とか data/base.html も追加しとくと良いよ
$ git push

こんだけで http://perl-users.jp/articles/advent-calendar/2009/anatano-track/ が出来るんで楽ですね!

その他

本当は今回GitHub Pagesを使うとかいう話があったんですが、コラボレータ追加作業が面倒という事で特に手間がないCodeRepos使うと言う話になった。
あとnimいいですね、全トラックのRSSをまとめたRSSとか作るのもPlagger使わないでnimだけで作れる。

Posted by Yappo at 2009年12月02日 12:44 | TrackBack | Perl
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。