2010年01月09日

twitterにでも書いて終りにしようと思ったけど140文字じゃ無理なんで。
Mooseの欠点やら利点やらMouseがどうだとかは今更感過ぎて割愛するし、下手な抽象的な表現も面倒なんでしない。

Mooseを使うべきでない理由

あなたが、再利用性の高いライブラリを作りたい場合はMooseを使うべきではない。
なぜならMooseはフレームワークだからであるからだ。
たとえ有用な再利用性の高いライブラリを作ったとしても、Mooseというフレームワークに依存してしまっては、あなたの有用なライブラリを選択してもらえない事もあるだろう。
誰かが小さいスクリプトを書くために、あなたが書いた有用なライブラリを使う事で楽が出来るとする、だがMooseというフレームワークに依存したばっかりに、その有用なライブラリの後ろに控えるものの大きさに臆して選択してくれないかもしれない。

もちろんMooseを使わなければ生産性が格段に落ちるだろう。メンテナンスも大変になるだろう。Mooseを使わないことによるペナルティの代わりに誰からも利用されるライブラリの作者になれると言うことだ。素敵だろ。

Mooseを使う理由

じゃぁCPANへ上げるライブラリはMooseを使うなってことか?いいや違う。
何度も言うがMooseは生産性を恐ろしく高める、だがしかし再利用性の高いライブラリでは使うべきでないと言っただけだ。
例えば App::* 名前空間のコードでは積極的に使っても良いだろう、Catalystだってそうだ。
え?Catalystは再利用性の高いライブラリじゃないか!だって?いいや、Catalystはとても有用なフレームワークだ。Catalystの中だけで世界が閉じているのだ。

総論

そう、Mooseを使う場面と使わない場面と言うのは、書こうとしているコードがそのコードの世界で閉じたものなのか、または閉じないものなのか。そういった基準を見るという視点があると良いのではないだろうか。
例えばDBICなんかは閉じた世界でないのでMooseに依存するべきでは無い。
たとえばDBI.pmがMooseに依存してたらどうする?
HTTP::Engineは?うーん微妙だ。
Plack何かは閉じた世界では無いので使うべきでは無い。
じゃぁFeyはどうだ、、、、うーんMooseをたくさん使うという世界に閉じた中で使うと言う点ではありなんじゃないか?

繰り返すがMooseを使わないべきとは言っていない。良く考えて使うべきだと言っているのだ。

Posted by Yappo at 2010年01月09日 01:07 | TrackBack | Perl
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。