2011年01月06日

表題の通り Groonga さんの Perl バインディングかき始めてます。
Groonga とは senna の後継検索エンジンで、サーバとかついてるんですが Groonga for Perl では libgroonga のバインディングを作ってく感じになるので、 Groonga のサーバとか叩くような物は提供しません。

https://github.com/yappo/p5-Groongaでやってます。

libgroonga を直接叩く事によって Groonga の Ruby バインディングで提供されてるような特定のキーワードに対してマークアップするフィルタのような事も簡単に作れます。

rroonga での tag_keys を Perl に移植すると以下のような感じになります。

Groonga に対する入出力はバイトストリームにする感じです。
ノーマライズ処理がまだうまく動いてないどうすればいいんだroge.

ちなみに、まだパトリシアトライを弄る部分しか実装されてないので、他の機能が欲しいと言う方は是非パッチ送って下さい。

大昔に Rast の Perl バインディング書いてた時は、 XS 書くのが辛かったんですが今だと Module::Install::XSUtil やら XS::Object::Magic のお陰でめちゃんこ楽に書けるようになってますね。

数少ない優良なバインディング案件ですので、皆さん是非開発に参加してください。

Posted by Yappo at 2011年01月06日 11:50 | TrackBack | Perl
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。