2011年02月04日

なんか知らないうちにPHPの事を嫌っているという噂が広まっていて心外すぎるので弁明しておく。長くなるかもしれない。

PHPを使い始めたのはちょうど10年半くらい前のことだと思う。4.0.2 あたりが出る前だ。当時おれのiYappoのCGIが糞重くなっていて、PHP を見つけた。それまで恐くて自分でRDB実装してたけどMySQLに接続してデータの出し入れをするような仕掛けを簡単に作れるという。

それまでは web で何か作るといったら Perl だったし、なんかフレームワークとか良く判んないけどそれなりに書いてた。Perl はかなり好きだった。それでも、PHP の手軽さは輝いて見えた。コードをそのまま HTML に埋め込めることでさえ、「SSI」だと思って感激していた。その言語の情報を調べるためにアルタビスタっても変な黒背景の地球の画像のサイトが出たり、黄色の背景のページが出たり、jcode.plをJcode.pmにコピペしたりする人のページとか見つけてばっかりで疲れる必要もなくて、php.netに繋げれば、答えが書いてあったから、動くものをあっという間につくり上げることができた。のめり込んでいった。

友人のひとりから、bp.toっていうドメインを貸してもらった(今は譲渡してもらったけど)。当時はパケホーだいとか無くて携帯ユーザはいかにしてパケ代を抑えるかが生き甲斐だったので、パケット削減プロキシをやる事にした。Perlなんかと違ってPHPは拡張もCで書きやすいという事で胸踊らせながら、英語のドキュメントを我慢して読もうとしたら、内容が無かった。けど、ほかの拡張ライブラリとか見たりPHP本体読みながら何とか書いたよ。当時のマシンは貧弱だったからC化するだけでそれなりにパフォーマンスも良くなってた。

無事にサービスもリリースされて、それなりにプレスの人にも紹介してもらって結構トラフィック集めてたと思う。まぁ今時はもうお役御免って感じなんですけど。

つい最近も久しぶりにモダンなPHPを使う機会があったけど。 PHP is sucks ですね。はい。

(※全てを読むには元ネタにおっぱいおっぱいと書き込んでください)

Posted by Yappo at 2011年02月04日 19:55 | TrackBack | 適当
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。