2011年10月16日

前回からPHPとかJavaScriptとかしかやってないから何も無いよなーと思いつつ、とりあえずWeb+DB PRESSの話でもしようと思って応募してたんだけど、急に Perl とかやるようになったので急遽LT二本応募とかしましたとさ。

死霊一覧はこちら http://yappo.github.com/

perl hackers hubの話

どんなにblogが発達しようとも、雑誌が無くなってしまおうとも、プロの編集者を通した技術的な出版物というものは大事です。このセッションは、その間口を広げようとするのを目的としました。

前日まで本当にスライドどうしようか良いアイデアが無かったんだけど、発表として伝えたい事は「誰でもこういう事できるんだよ。みんなもやりなよ。」っていうのだったので、年末に発売される回のサプライズな企画の紹介から始まって軽く背景の説明をしておいて残りの時間で会場内に居る関係者を招集して、何も特別な事なんか無いんだよ感を重視して、それぞれの話をしてもらいました。

セッション(この回はあくまでもトークとは言わない)の性質上、エンジニアが得する成果物の発表は無理ゲーなのですが、執筆する事に二の足を踏んでいる人の背中を押せたらいいなと思って、だいぶゆるふわざっくばらんに進行しました。

無茶ぶりで前に出て来てもらった人には、本当に事前に何も話していなかったのでgdgdっていた模様ですが(僕はinaoさんにマイク渡したらdanさんを呼びに外出てて、様子を知らない)、僕は事前に様々なパターンを入念にシミュレーションしてから挑んでいたので上手くまとめられたんじゃないかと思っています。

YAPC - Yet Anthor Perl Conference - Conference - 会議

「会議のはずなのに、授業のように一方通行のセッションだけってのもあんまり面白くないよなー」、「海外のカンファレンス(osdc.twしかいってないけど)、プレゼン中に観衆から発言が飛び出してきて、そこから議論が始まっていって最終的にスピーカーがまとめてオチをつけたりするよなー」「日本ってそういうのやってないよなー」って言うもやもやが頭に合った所に、前夜祭の帰りにロックスターが「日本人ってスライド詰めすぎだよね。もっとゆったりしてもいいのに」的な事を言っていたので、こういう方向性に決まりました。

本当はBOFっぽい感じにもってくつもりだったんだけど、時間が足りなかったのであきらめました。

xaicon-san, nekokak-san, kazeburo-san, dan-san, inao-san無茶ぶり引き受けて頂いて有り難うございました。

ikachan

AnySan, ikachan を遂に shipit しましたよ。の話と、 ikachan の紹介を LT しました。

LT 二日目

うちのプロジェクトのなかで、入社してから皆で作っていた開発環境等が良い感じになったので、他のプロジェクトの同僚向けのプレゼン。

基本的には小さなツールをいっぱい作って UNIX 的に作って行ったら良い感じになったよー。こういうツールがあって便利だよーみたいな話をしました。

LTの割にボリューム多過ぎたのでだいぶ割愛しましたが、要点だけ話せたかなと思います。

続きは社内でやると、僕ぺーぺーで色々ししょうありそうなんで、soozyconとかshibuya.pmで発表したいなーと思います。

その他特殊イベント

唐突にスイーツエリアを占拠して、12月に発売される予定のPerl連載記事用の公開座談会を開催しました。Perl Hackers Hubという名前の通り、折角世界中からPerl Hackerが集まるのでどうにかして出演して欲しいという思いが去年からあったのですが、去年は連載一回目だしlestrratさんもYAPCの運営的に余裕無さそうだから諦めて、今年はなんか行けそうだからxaicronにdanさんに出演交渉依頼を依頼して快諾してもらえたので、開催する運びとなりました。

普段商業誌のインタビューとかって閉じられた空間で開催されるイメージなんですが、今回は会場のタイムテーブル抑えて誰でも参加可能な感じに仕上げてみました。時折野次が入る等なかなか面白い事になったんじゃないかなーと思うのですが、基本僕は裏方でうろちょろしてたので何話してたのか把握してません!

いつかは将来的には海外の方にも参加してもらいたいなーと思っていて、こんなに速く実現するとは夢にもおもいませんでした。
参加者が「obra, rjbs, mlehmann, sartak, gugod, dankogai, tokuhirom, xaicron」と Perl HackerどころかPerl Core Hackerが集まってしまいましたね。
座談会の最後にはサプライズな発表もありました。詳しくは12月末発売のWeb+DB PRESSにて、全ては @mandy_44 の頑張りにかかっている!11乞うご期待。

参加者もろもろの予定の合間を縫った結果、tsucchi-san, motemen-sanの発表枠を直前で移動して頂きました。お二方のご協力、ほんとうに有り難うございました。

Posted by Yappo at 2011年10月16日 17:03 | TrackBack | Perl
Comments
Post a comment









Remember personal info?






コメントを投稿する前に↓の場所にnospamと入力してください。