2004年07月31日

新規サービス立ち上げキャンペーン

って事で急にアイディアでちゃってドメインとっちゃった。
今日一日アイディアまとめつつサーバと開発環境作ってから
日曜日にさくっとコーディングして月曜の適当な時間に公開するかの。

まぁ、例の計画や当面の計画の事につながるし分かりやすい&実験しやすい素材だろうな。

Posted by Yappo at 05:39 | Comments (13) | TrackBack

2004年07月30日

blogサービスにping送信と人工無脳日記を追加

前に作りこんで置いたものを毎日ペースで開放していくキャンペーン開催中なわけですが
blogサービスにping送信機能を追加した。
ping通知先はbloggers,myblog,goo,excite,niftyの5サイトに送信するようにしました。
携帯blogホスティングサービスとしては、初のping送信対応かも。
一応pingサーバになる物も用意していたけど、せっかくだからXML-RPCとかATOM APIとかにも対応させてから公開しようかな。
こっそりとatom.xmlやらrss.xmlにも対応したりRESTアキーテクチャっぽくしてみたりと本格的にblogサイトになっていってる…

あと、昔からチャットの中で生息していた「ひよこ」という人工無脳に日記を書かせる事も始めてみました。
とてつもない文章を書いてくれます。

参考:省パケ内でのリリース
人工無脳:ひよこ日記

Posted by Yappo at 17:49 | Comments (1) | TrackBack

2004年07月28日

ちょっと変わったレンタルblog始めました

昔から省パケ日記として携帯向けのレンタル日記サービスをやっていたのですが
ここ最近のPCサイトを作りたい衝動にかられちゃって
先週末にPCからみてもそこそこ使えるレンタルblogサービスに改造してみました。
まだまだPC用の画面になってない箇所もありますけど。

これ

元々、コメントやトラックバック機能に対応していたので最近のblogっぽくはなってるかなぁと。
一応

  • rssフィード
  • トラックバック
  • コメント
  • mblog
  • QRコード
    なんかに対応してます。

    ちょっと変わった機能としては、サービスにログインをしてから日記を書き込むわけですが
    ログイン中に、ページの左側にチャットの小窓が出てきます。
    人の日記を見るウインドウの中でチャットできます。
    運が良いとその人とチャットでお話できます。

    もういっちょ

    ログインしている時は、日記の作者に私書箱のようなメッセージが送れます。
    当然自分に届く事もあるのですが、人の日記を読んでる時にメッセージが届くと
    画面の左側にメッセージの小窓が出ます。
    運が良いとリアルタイムでやり取りできます。
    というか、チャットに誘ってしまうのもありです。

    そのチャットと言うのも、別のサービスで使っている物をゲートウェイを介してアクセスしているわけで
    そのチャットの仕様も、コマンドラインのみでメッセージングやチャット部屋作成や管理や
    アクセス制限やクジやオンラインRPG機能やグルーピング機能や、あと何があったかな。。。

    という、ものぐさのためのものぐさによるblogコミュニケーションサイトになりつつあります。
    一個のウインドウで色々出来ちゃう感じ。

    あとは、チャットに常駐してるベイジアンタイプの人工無能エンジンに誰かの日記を食わして
    携帯サイト初の人工無能による日記サイトも準備できてきてるかな。
    PCのblogだとrubyで書いた人工無能君が連載してるみたいだけど。
    こっちのは携帯チャットの会話ベースの無能を使うから、突拍子もないものになりやすいかも。

    あ、例の新規サイトも肝となる要素は固まっていて、今は適当にネタ集めしてる感じ。
    ベイジアンとかAIとかそんな要素も詰め込みそう。

    Posted by Yappo at 02:41 | Comments (0) | TrackBack
  • 2004年07月22日

    iYappoは5歳になりました

    という事で7/20で5周年を迎えました。
    運営者不在だったけど。


    で、例の件のネタも固まってきたけど下手したら関心空間になっちますな。。。
    もう少しひねっておこう。

    でも人が少ないと面白みの無いサイトになってしまうのが悩みどころ。。。
    使ってみたい人います?

    Posted by Yappo at 13:29 | Comments (0) | TrackBack

    2004年07月16日

    まったく新しいWebサービスを作る

    また掲載忘れてた・・・

    最近脳みそ使ってないので、まったく新しいWebサイトでも作ってみようかと思う。
    既存のサイトとは違う何かを考えてさくっと作ってみる。
    一個だけ作っても外した時が空しいので、新しい概念のサイトを量産する勢いで。

    キーワードは


    誰しもが何らかの感想を持つように

    すげー!とかなるほどね!とか何らかの関心が持てる物

    核となる新規要素がある事

    そのサイトは、この要素があるからこそ既存の物とは違うんだという何か

    いつでもどこでも

    基本PCで使うけど、携帯でも使えたらさらにいい感じになれる何か

    人間関係

    結局人を魅了するものは人間の繋がりなのですよ

    直感的

    既存の概念に無いこそ直感で理解できるインターフェイスが重要

    自由度高く

    使い方は十人十色になれるように

    日常的にアクセスされるもの

    なんかこう日常生活に欠かせなくなるような感じで

    完結させない

    既存の技術と組み合わせると旨みが増すように

    1万人くらいがはまるもの

    新しいものなんだから、そのくらいの人を魅了したいよね

    とにかくシンプルに

    核となる新しい要素も、分かりやすく、作りこみも画面もシンプルに

    うまく行ったらライブドアに買ってもらう

    流行を押さえておかなくちゃ。とか言ってみる


    これらのキーワードをざっとみると

  • 情報系
  • ツール系
    のようなサイトになるんだろうか。

    とにかく気軽にネタを固めて作ってみますか。

    あ、告知方法どうしよ

    Posted by Yappo at 13:48 | Comments (0) | TrackBack
  • 2004年07月15日

    【プレスリリース】iYappoが検索エンジンとして世界で初めてQRコードを完全採用

    報道関係者各位
                                     2004/07/15
                              検索エンジン Yappo


      iYappoが検索エンジンとして世界で初めてQRコードを完全採用

    PCからiYappoを利用しているユーザーを対象に、検索時にヒットした各サイトの
    QRコードを検索結果画面にて一覧で表示をし、検索できたサイトをQRコード経由で
    携帯電話からアクセスすることを可能としたサービスを世界で初めて開始しました。
    現在iYappoに登録されている約8万サイトでQRコードの利用が可能となっております。
    対応する携帯電話はiモード、au、ボーダフォンのQRコード読み取り機能付き携帯電話
    になっております。
    ※世界初はYappo調べ

    QRコードとは対応するカメラ付き携帯電話で読み取る事が可能な2次元バーコードと
    呼ばれるもので、QRコードを携帯電話のカメラで読み取るだけでQRコードに対応する
    サイトにアクセスが可能になります。

    既存の携帯検索サイトでは、PCを使用して携帯サイトの検索を行うことが可能でし
    たが、目的のサイトが見つかった時に携帯電話を使用してのアクセスを行うためには
    PCから携帯電話へURLを送信する。又は携帯電話に直接URLを打ち込む。などの何かと
    面倒な作業が必要でした。
    iYappoのQRコード対応により上記の煩わしい作業は一切必要無くなります。
    PCで目的のサイトを探したら、PCに表示されているQRコードをを携帯のカメラで
    読み取るだけで目的のサイトにアクセスできるようになります。

    表示イメージ:


    iYappoとは、1999年7月20日に正式公開をした携帯電話向けサイトを集めた検索エンジンです。
    特徴として、携帯サイト向け検索エンジンとしては他に例の無い様々な試みを取り入れています。
    例えば、検索順位は登録されているサイト間での関係や、サイト内のコンテンツを元に
    携帯サイトとして万人にオススメ出来る割合を各サイト毎に計算して、その計算結果を
    元に検索順位を決定します。
    5周年という節目を迎えるという事で、今後様々な機能拡張、リニューアルを予定しております。


    本プレスリリースに関するお問い合わせ先
    配信元 : Yappo http://i.yappo.jp/
    リリース : http://blog.yappo.jp/yappo/archives/000031.html
    運営者 : 大沢 和宏
    E-MAIL : press@yappo.ne.jp
    URL : http://i.yappo.jp/

    Posted by Yappo at 15:36 | Comments (0) | TrackBack

    2004年07月14日

    もうじきiYappoは6年生

    時間がたつのは早いもので7/20日でiYappoが誕生してから丸5年がたちます。
    小学生だったらもう小6なんですなぁ。

    iYappo作ってからネット業界にも飛び込んで、携帯業界にも飛び込んで色々な経験も出来ました。
    まさに裸一貫って感じだったわけで、iYappoとともに成長していったこの数年間ですな。
    生涯プランの各検索サイト運営会社の人とお話をしよう!も残す日本法人はgoogleとnaver位だし。
    ってその2社の所いったら生涯プランなくなっちゃうのか。迂闊だった!

    正直こんなに長く続くとも思わなかったし、Yahooからクレーム一切クレームも来ないでやってこれるとも思わなかった。
    むしろ別件でお呼びがかかったくらいだしね。
    iYappo始めるはるか前にはYappoというサイトがありまして、パロディサイトな人ともよく情報交換をしてたわけだけど
    みなさん、やりすぎちゃってYahooから注意されてたっけな。
    そんなバッドノウハウを吸収したおかげでYappoも7年以上つづいた訳か。


    そんなこんなで反省点が多すぎた5年間でしたが、せっかくの節目なんでがらりと方針も変えてしまおうかなと思っとります。
    今までは検索以外のコンテンツ乗せるのは嫌だったんだけど、何か別なのを乗っけてみたり。
    あんまり他のサイトと組む事はやらなかったんだけど、組み方を拘らないで色々やってみようとしたり。
    もちろん検索サイトとしての検索方法などもがらりと変えたり。
    ちょっと過去のノウハウを一旦リセットして、0からサイトを作り変えていこうかなと思っとります。

    この5年で携帯で出来る事も変わってるし、それを取り巻く環境もがらりと変わってるので古臭いままで居るのもいかがなものかなと。
    今までiYappoというサイトに色々足かせ付けてたけど、全部外して攻めのiYappoに変貌させてみよう!

    ってことで早速某Hさんのネタ振りを元にPCでのiYappoをQRコードに完全対応させました。
    iYappoの検索結果全てにこんなQRコードが表示されます。
    PCから携帯サイトを探して、よさそうなのがあったら画面を携帯で読み取るだけでサイトにアクセスできるわけです。
    何でも世界初らしいので、調子に乗ってプレスリリース書いてニュースサイトさんに送ってみる事にします。

    あ、これ見てるサイトオーナーさんでiYappoとなんかやってみたい物好きさんは連絡くださいです。

    Posted by Yappo at 23:44 | Comments (0) | TrackBack

    2004年07月06日

    yappod 1.1.0系

    ちょっと色々あるのでyappod 1.1.0系の整備を急いでやることになりそう。
    1.0.0との差は、キーワードポジションリストの仕様変更やバークレイDBの仕様をやめたり
    FreeBSDでも無理やりコンパイルできたりって感じ

    Posted by Yappo at 20:21 | Comments (0) | TrackBack

    2004年07月01日

    方針転換と分散ファイルサーバ

    とりあえず書き置きを掲載し忘れてたのでのっけとく。
    具体的な物は後ほど

    色々とネタは浮かんでいたのだけど、全部を一つのデーモンにまとめるのは
    さまざまなコストがかかりすぎるのでやめることにした。
    大まかな方針を変更してしまい、シンプルに構築していこうかと思う。

    って事で、まずはwebロボットについて考えた。

  • 複数サーバで分散して集める
  • 各ノードごとに担当するドメインを割り当てる
  • URLの更新頻度により再訪問間隔を自動調整
  • その他いろいろ

    複数のサーバに収集したファイルが格納されるので、インデクサに効率よくファイルを転送する手段が必要になる。
    他にも色々な要因があるので、分散ファイルシステムを簡易に構築して収集したファイルを管理する事にする。
    大まかにはGoogleで利用されているGFSのような仕組みを作ろうと思う。
    インデックスファイルをここに格納するかは後で考える。
    適当な仕様は↓な感じで
    1.指定する文書がどのノードに保存されているかを把握するメタサーバが必要
    2.メタサーバのDBはMySQLで
    3.メタサーバのテーブル構成は下記の感じ
    ドキュメント番号管理テーブル
     ファイルパスとそれに対応するユニークな数値を記録
     検索エンジンの文書IDにも使いまわす
    ファイル配置管理テーブル
     どの文書IDがどのノードに格納されてるかを管理する
     文書は分割されて複数のノードに保管されているかもしれないし
     同じデータが複数のノードにミラーリングされてるかもしれない
     大体下記の内容を管理
     文書ID,ノードID,文書サイズ,ファイルのどの場所が保存されているか,保存されている内容のハッシュ,最終更新日時
    ノード管理テーブル
     ノードID,ノードのip addr,ノードの死活管理データ
     などなどを管理
    4.クライアントは読み書きしたいファイルの文書IDをメタサーバのMySQLに直接つないで文書IDを取り出す
    5.新規文書だったらノードを適当にクライアントが選択する
    6.クライアントがノードに直接接続して、データを含めてジョブをノードに投げる
    7.書き込み処理系だったら、ノード内部にデータを書き込んで、ノードからメタサーバに変更内容を書き込む
    8.読み込み処理ならノードがクライアントにデータを返す

    大まかにこんな感じ
    実際はファイル更新や追記書き込みやノード間のデータミラーリングとかガベージコレクションとか色々考える事は有る。
    ノード側のデータ管理も、ノード毎に立ち上げられたMySQLを利用すると思う。
    データに関しては、普通のファイルとして保存する。
    多分複数の文書を1個のファイルにまとめるだろうけど。
    あとこのファイルシステムを簡単に取り扱うAPIも必要だね。

    メタサーバはMySQLに任せてノード間同士の協調処理はノードにやらせ、クライアントはジョブを投げるだけになるのかな。

    Posted by Yappo at 16:00 | Comments (0) | TrackBack