2010年10月20日

YAPC::Asia 2010 を終えて

今年もPerl Monger共の日頃の行いが良いお陰で、天候が悪い中雨は降らずに事故も無く無事に終われてとてもよかった!

YAPCといえばカンファレンスなので講演を聞くだけの会とも思われそうなんですが、YAPCとは国際的なカンファレンスであり日本国内からも遠路はるばる参加している方も沢山います。
って事で、ちょっと座ってるのに疲れちゃったりしたら外に出て知らない人とおしゃべりするのも良いかと思いますね。共通の話題はあるので困る事は無い筈です。

かく言う自分は、二日目とか土曜日だし天気も良い事があって王将でいっぱい餃子買ってきてスーパーでビールしこたま買って餃子カンファレンスしてました。
芝生ではOkayama.PMのcanadieさんと初対面で色々話してたんですが「人が8人しか集まらないのが悩みなんです」って言ってたので「世界中のPerl Mongers見ると多い方だし、活動内容も居酒屋に集まってperlの話してる所いっぱいあるから、なんの問題も無い!むしろOkayama.PMで150人とか集まったら恐いっしょ!なのでマイペースに頑張って下さい!」っていう、ネット越しだと誤解されて炎上しそうなギリギリの話とかも気軽にできたりしました。もちろん酒はいって勢いあるってのもあるけど!

あーあと、芝生以外にも良い場所を見つけて発表前のacotieを捕まえて数千円握らせてビール買ってきてもらって(すっごいキレてたけど)、みんなで飲んでましたね。
acotieの発表後に丁度ビールが切れてたので、また捕まえて買ってきてもらうという(with @sugyan @kyanny)、というお三方はビール買ってきてくれて本当に有り難うございました。とくに刺身さんはビール飲まない人なのに。。。
なんというか、自分の発表が全部終わってフリーダムに無限ビールしてたわけですが、皆さんの感想でもYAPCは祭りだ!って感想が出てる通り祭りを楽しむために延々とみんなにビール渡して盛り上がっとりました。
お祭り騒ぎではあるけども、皆節度守って喧嘩も無く終わられて本当によかったです。

真面目に講演聞きに来た人、真面目に運営してる人に取っては良い迷惑だったかもしれないですが、目くじら立ててる人とかもいなかったっぽいので、こういう物事を本気で楽しめる人達の輪がPerlの魅力なんだと再認識できました。
コードだけではなく人が重要なファクターなんですね。Perlが好きなのはPerlに関わる人込みなんだな。と。

一日目の二次会はdragon3などFukuoka.pmの面々と相席になったくせにグロッキーしててマトモな会話すら出来なくて本当もうしわけ無かったのですが、perlやってればいつかまた合えるので、そんなに気にしない事にしました!
なんかJPA会長が福岡釣れてってくれるフラグ立ててる事ですし!

なんだかんだで嬉しいのは、お前の作ったの使ってるよ!とか言ってくれる事で、@kuzuhaが初日の芝生で使ってるよ!といってくれてました。もちろん初日はグロッキーで(以下略
本編発表後では@monjudohさんが声かけてくれて「連載の最初の話とか良かったよ!」とか言ってくれて嬉しかったですね。とくにWEB+DB PRESSの連載は読んでる人が直接感想を伝えてきてくれる機会がなかなか無いので貴重でした。

そういえば。ごく一部で女性参加者ふやしょう!とかネタで話してた人がいたけど、マジレスするとYAPCが「ガールズ(笑)せっしょん☆」とか「今年のLTからドラ娘がいます!」とかやり出したら参加する気うせるなーと思うしだい。
コードとか書く上で何の訳にもたたない性差を持ち出してうんたらするなんて論理的に考えて意味のない事だし、そんな事で怒るとか青筋の無駄だから、YAPCでは良くわからん事はやらないで欲しいすなーと思っとります。
ちんこついてない人の参加比率が高い所行きたかったり、女としてチヤホヤしてほしいなら合コンでも言ってやがれってこった。「女だから手加減してね☆」とか言う馬鹿は顔も見たくない。※
そのへんは、この界隈の人は良い意味で女の人のエンジニアを特別扱いする事が嫌いな人だらけなので問題無いとおもいますが。

全員の名前を出すと長くなりすぎるので、@941さんそして運営側の皆さん、発表者の皆さん、参加者の皆さん有り難うございました。
そしてすでにhttp://yapc.asia/では来年の計画が動こうとしています。

see you next YAPC

あ、自分の発表について書くの忘れてた。。。

本編の話は、JSTAPdの使い方について話しました。
今まで20分talkばっかりでいっつも時間足りなくて駆け足になってたのを反省して40分にしました。
だいぶ時間が余りそうだからおまけを用意していたんですが、結局おまけなしで40分で終わった感じでした。
誰かが20分とかじゃなくて、せっかくだから40分で応募すべきとか言ってたんですが、すっごい軽い話題でもない限りは40分にしといた方がいいと思った秋。
http://yappo.github.com/talks/20101016-yapcasia2010-jstapd/

AnySanとはAnyEventを使ったメッセージングフレームワークです。
IRC/Twitterを使ったメッセージ系のアプリケンーションを、書くサービスの処理を抽象化して簡単に書くためのフレームワークです。
irc botやらtwitter botなどが簡単にかけます。そしてirc/twitterを組み合わせたbotやら、AnyEvent なので他のネットワーク処理などと組み合わせて夢膨らむ。
http://yappo.github.com/talks/20101015-yapcasia2010-lt/

例えばTwitter IRC Gatewayとかこんなに簡単にかけます。
http://github.com/yappo/p5-AnySan/blob/master/eg/tig-for-anysan.pl
hackathonにて、発表時とちょっと実装変わってしまったんですが、もう少しして落ち着いたらちゃんとアナウンスする予定です。

はっかそんといえば、、、話が長くなるので、hackathonの時の写真込みのアルバムでも見てくださいです。
http://yappo.ficia.com/pl/album/A6E027E6-D9AF-11DF-A14C-378C2C411CC7

じゃ、そういうことでまた!

Posted by Yappo at 02:18 | Comments (0) | TrackBack

2010年10月02日

Shibuya.PM #14 発表資料

Shibuya Perl Mongersテクニカルトーク#14での僕の文の発表資料です。

http://github.com/yappo/shibuyapm-stream
動かすためにはAnySanが必要で、ここから取得出来ます。
http://github.com/yappo/p5-AnySan

当日バグバグだった部分はもろもろ治ってます。

デフォルトではshibuyapmでtwitter searchした結果をストリーミングするんですが、引数を与える事で任意のキーワードでストリーミングできます。

$ perl shibuya-stream.pl perl

背景画像がだいぶグレーな感じなんですが、あそこのプロジェクタの環境でやると、このくらいグレーじゃないと白くなりすぎて文字が見にくくなるんですよね。
IIJのサブスクリーンで出す機会がある人は参考にして下さい。

という事でShibuya.PM #14お疲れさまでした。

Posted by Yappo at 18:01 | Comments (0) | TrackBack