2011年12月31日

Yappo 2011

- groonga の perl バインディング書こうとした
- jQuery mobile sucks
- Yahoo!Japan に入社する為の課題を解いた
- html5 cache sucks
- 空前の Facebook API ブーム
- fuck #!
- implimented to timeago functions for js
- end of my web+db press
- tolk on OSDC.tw 2011
- I love yappocall
- i made iPhone Tracker Stream
- cheap Google+
-
- ikachan
- YAPC::Asia Tokyo 2011
- graceforecast
- kuragepo
- perl advent calendar 2011 japan
- Web+DB PRESS's Perl Hackers Hub 3rd season

なんかもっと他にあった気がする

Posted by Yappo at 23:36 | Comments (0) | TrackBack

2011年12月01日

GrowthForecast ノススメ

みなさん管理画面毎にグラフ作ってませんか?作るのめんどくさくて数値の表だけだして、直感的にサービスの動向掴みにくいとおもっていませんか?
Google スプレッドシートの機能でグラフだせるからいいよ?とかいってませんか?
Google スプレッドシートに吐かせる方法より簡単にグラフが作れたらいいとおもいませんか?

遂に
GrowthForecastというグラフ表示ツールで捗る話 - blog.nomadscafe.jp
リリースされたので、早速僕が GrowthForecast をどんな感じで紹介しようと思いますが、なんか忙しいので便利ツールだけ紹介します。

https://github.com/yappo/grouthforecast-worker

こういうツールを使っているので、グラフ追加したい時にいちいちある程度のボリュームのあるコードとか書かなくても

#!/bin/sh
echo "SELECT COUNT(*) FROM user;" | mysql -N -uroot ninjyatoriai

みたいな一行スクリプトをどんどん追加して行くだけで簡単にグラフが増やせて嬉しいです。

作ってもらった動機

昔の会社は、集計する SQL をちょろっと社内 IRC に張るだけで、自動的にサービスの動向が解る奇麗なグラフが出来ていたんですが、転職したらそういう便利な感じじゃなくて癇癪起こして徹夜でコードを書いたのでした。

世の中にはグラフを作るツールは数多いですが、ちょっと使うのに準備が必要だったりするので すが、 GrowthForecast を入れとくと Web API を叩くだけで良い感じにグラフを作ってくれるので、一度設置すると HTTP しか喋れない環境の人でも簡単に継続的なグラフが作れるので便利です。
この変の思想は Ikachan と同じ物ですね。


元々こういう類いの UI とかメンテとか面倒だし RRDTool とか使いこなすの面倒そうだったので、最初からメンテナンスを kazeburo さんに押し付けるつもりで CloudForecast の薄いラッパーとして ClothForest ってのを作ってたのですが、最初に kazeburo さんに見せた時にやる気だして貰う事ができて、めでたくフルスクラッチで書いてもらう事が出来たのでした。

おすすめの使い方

おススメは、普通にグラフを取りたい数値の総量をグラフして行けば良いです。
差分リストとかを出しとくと、ピーク時間帯が山の頂上になる感じのよくある感じのグラフを出しつつ右肩上がりのグラフとか書けますね。

その他、24時間以内にユーザが増えた数とかのグラフを書くと新規登録のトレンドとか肌身に感じる事が出来ます。

あとは、スマホの何か、携帯の何か、PCの何かの数値をそれぞれ別けて取った上で積み上げグラフを作って合体させると、別の面のトレンドが知れていいですね。

ということで kazeburo++ 先生の新作はインフラエンジニアじゃないアプリケーションエンジニアも便利でディレクターも捗る良いツールのなので是非導入しましょう!

新しい物入れるのが面倒なあなたも、最後に頑張って導入してみたら想像以上に未来に生きれるようになる事が実感出来るので是非使いましょう!

Posted by Yappo at 21:44 | Comments (0) | TrackBack